素敵な店舗デザインの方法をご紹介!

店舗デザインで飲食店の集客力が違う

店舗デザインで飲食店の集客力が違う 同じ味と同じ価格であっても、店舗デザインによって大きく集客力が違ってくることは、多くの人が実感していることでしょう。
競争の激しい飲食店の業界は、新型コロナウィルスの感染拡大によってさらに難しい局面に立たされていることは事実ですが、そのような中でも優れた店舗デザインの設計で売上を大きくのばしているお店もあります。
お客さんに安心感を持って食事を楽しんでもらうことができる場の提供や、リラックスできる居心地の良い空間であれば、おのずと立ち寄ってくれるお客さんが増えていくものです。集客力を向上させて、さまざまなお客さんから愛される飲食店を作り上げることは、これからの時代に必要なことと言えるでしょう。
その際に心強い味方となってくれるのが、店舗デザインに関して専門の知識とノウハウを有している専門の会社です。
多くの店舗の集客力をアップさせてきた実力のある会社に依頼をして、優れた店舗デザインを取り入れてみてはいかがですか。

店舗デザインの提案を受けるために行うべきこと

店舗デザインの提案を受けるために行うべきこと 店舗デザインは、プロフェッショナルの業者に委託して提案をしてもらうことが最も効率的で効果的な方法となります。しかし、店舗デザインの提案を受けるにあたって、整理しておかなければならない情報が幾つかあります。
まずはターゲットを明確にしておくことが、必要です。どのような立地でどんな雰囲気の街なのか、そこに足を運ぶ人たちは何を求めてどんな価値観で過ごしているのかなどを徹底して調査しておくことから始めます。
実際に現地に足を運び、よく観察するとウェブ情報などからは見えてこなかったターゲットの生身の人間像が、しっかりと浮かび上がってくるはずです。
そして、どのような雰囲気のお店にしたいかは意向を固めてからスタートしないと、出戻りが多くなったり無駄な工程が出てしまいます。
ブランドイメージを伝えるための色味やイメージはどのようなものか、クラシック調が良いのか北欧風かシックで重厚感のある感じが良いのかなど、様々な事例写真を見ながらよく検討を重ねておきます。

新着情報

◎2021/3/18

どこに依頼する?
の情報を更新しました。

◎2021/1/29

サイト公開しました

「店舗 飲食」
に関連するツイート
Twitter

飲食23店側 都休業命令従わない】 和食店やイタリアンレストランなどを展開するグローバルダイニングは、東京都が酒類の提供を続ける飲食店33店舗に出した休業命令で、このうち23店舗が同社が運営する施設だと発表。通常営業を続ける姿勢を明らかにした。

今日のテイクアウトは【キッチンカフェMAY】シフォンのフルーツサンド。 さて、夜20時までの時短営業要請ですが、あくまでも店舗営業に対してのみです。例えば、20時に店舗飲食を終了した後もテイクアウトやデリバリー専門として営業するのは問題ありません。その場合も支援金の対象となります。

「東京都は緊急事態ではない」 グローバルダイニング、東京都の休業命令に従わないと発表 飲食15店舗運営して、守っていますが気持ちわかります。 美味しい食事・空間を提供したいと思うスタッフが店舗の集客を公にできない空気はツラいなと感じます。

飲食23店側 都休業命令従わない 2021年5月18日   国や自治体から休業要請が出されてるにも関わらず応じない。店舗には、 店側の免許を剥奪するよう法改正をするべき必要性があるでしょうね😁

おはよう、米大統領、イスライル首相と電話会談、停戦支持を表明。ミヤンマー弾圧の死者800人超、人権団体発表4120人が拘束中。二階氏、関係ない発言は、侮辱、批判噴出。田村正和さん心不全のため77歳で死去。飲食23店舗、都休業命令従わない。GDP下落、コロナ対策遅れ足かせ。大谷弾独トップ